NPO法人 あそび環境Museum アフタフ・バーバン
アフタフ・バーバンとは? プログラム スタッフ紹介 お知らせ スケジュール 出版物/音楽 バーバンNOW 部ログ 掲示板
バックナンバー
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2007年5月16日(水)

第127号『拠点活動〜思いを育み合うつながり〜』(清水洋幸)

アフタフバーバンがNPOになり3年目に入りました。2007年度もスタートをきり、様々な地域で様々な活動を行っています。
その中で、NPOになってから始めた拠点活動の事業も、今年度、充実した始動を迎えました。拠点活動とは、アフタフバーバンの事務所がある東京都武蔵野市を中心にその周囲の地域を拠点とし、アフタフバーバンが主催で継続的なあそびや様々なプログラム・作品を行い、地域に豊かなあそび環境、地域社会を提案していく活動です。NPOになってから始めたこの拠点活動も3年目に入り、地域の中に定着しつつあります。

毎月、バーバン事務所のある武蔵野市御殿山のコミュニティーセンターにて、小学生対象と幼児対象の『みんなで忍者御殿山』という忍者のあそび合い継続プログラムをそれぞれ月1回行い、また、同じコミュニティーセンターで『親子であそぼ』という就園前の親子対象のあそびの会も月1回行っています。そして、上に挙げた3つの定期的活動だけでなく、およそ月1回、週末に拠点活動拡大版と称して、120人規模の忍者を行ったり、劇作品の公演を行ったり、あるいは、大人対象の講演会を企画しています。

この前の日曜日、13日にその講演会『あそび合いの中で育つ力 講師:北島尚志』を行いました。参加して下さった方の顔ぶれを見ると、拠点活動に参加している親御さんや地域で関わりのある保育園の保育士さんや子ども劇場の方、またそういった人の友人や仲間、地域の中で、バーバンの活動を通して出会った様々な人が参加して下さいました。その顔ぶれを見ると、バーバンの思いが少しずつ、地域の中に響いてきているのかなと思い、うれしくなりました。講演会の反響もよく、最後に感想をみんなで聞きあったのですが、それぞれの人が、バーバンの持っている思いを受け、自分の子育てや保育現場、それぞれの活動に引きつけて考えて頂いて、そして、皆さんがまたそれぞれの思いを発信していく、そんな思いのキャッチボールが行われたような感覚でした。この思いのキャッチボールを続けていって、地域の皆さんと豊かなあそび環境や地域社会のために、思いを育み合って行きたいです。そして、また、思いを育み合う仲間がたくさんになっていくといいですね。

拠点活動を行うようになってから、事務所の周辺を歩いていると、「おはようございます!」「こんにちは!」と言えることが多くなってきました。地域の中に、つながりが見えてきました。「なんだか、とってもうれしいね!」「地域の中で生きているっていう感じがする」バーバンのスタッフがみんな言っています。地域の中で得た、そんな実感を大切に、また今後も地域の皆さんと顔を向き合わせて思いを育む活動をしていこうと思います。
そして、自分達の拠点だけではなく、そこで得たもの、実感した事を、全国各地様々な地方でそれぞれの拠点活動を行っている皆さん(仲間)の所にも、届け、ともに思いを育み合っていきたいと思います。

一覧へ戻る ページトップへ
| このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ |
Copyright (c) Afutafu-barban All Rights Reserved.